紅茶

紅茶

意外と知られていない紅茶の知られざる効能について紹介

紅茶 効能

紅茶は、飲むだけで身体に良い影響を与えてくれる成分がいっぱい入っています。
どんな効能があるか紹介します。

酸化防止効果
とは、紅茶に含まれる赤い色素はテアフラビンといい、抗酸化力を持ちます。ポリフェノールの中でもタンニン類に分類されており、カテキンが酸化され2つ結びついた形をしています。赤色色素のテアルビジンとともに紅茶色素を形成しています。紅茶の葉は、緑茶のもとになる葉を発酵させたもので、この発酵の間に、葉自身が持っている酵素の働きで、カテキンからテアフラビンができます。

テアフラビンは、カテキンと同じように抗酸化力が強く、動脈硬化など生活習慣病(以前は成人病といわれたがん、高血圧,脳卒中,心臓病,糖尿病など)の予防,老化の抑制(例えば老人性シミの発生防止,血管等体の組織がもろくなるのを防ぐ)に効果があるとされています。また、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を強力に抑え、善玉(HDL)コレステロールには影響なく、悪玉(LDL)コレステロールを低下させるといわれています。また、中性脂肪の減少にも効果があるとされます。

がんの予防効果
がんに対して紅茶ポリフェノールがどれだけ効果があるかについての、個別研究は緑茶カテキンより少ないようですが、動物を用いたがん予防試験は各種がん、各部位、進行状況などの試験が数多く行われていて、ある種のがんの進行を予防し、紅茶の飲用がある程度がんの予防に効果はあると考えられているようです。

ダイエット効果
茶カテキンのもつ糖分分解酵素の阻害作用がダイエット効果を示します。茶カテキンによる作用は紅茶ポリフェノールでも同様に期待できる。

疲労回復とストレスの解消ほかカフェインの働き
カフェインによる作用もあります。カフェインの働きは疲労回復、ストレスの解消、中枢神経の興奮、覚醒作用、強心作用、運動敏捷性、抗喘息作用,利尿効果等があります。紅茶ではカフェイン単体より作用がマイルドになっています。
また、カフェインはエネルギー源としての脂肪を優先的に消費する作用があるといわれ、有酸素運動時に摂取すればダイエット効果が見込めるかもしれません。

紅茶 入れ方

1.やかんにくみたての水を入れて、沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態が目安です。

2.紅茶をいれる前に、まずポットとカップにお湯を注ぎ、温めておきましょう。

3.温めたポットに、ティースプーン1杯(2~3g)を1人分として、人数分の茶葉を入れます。細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にするのが目安です。

4.沸騰したてのお湯を人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らします。この時、沸騰したお湯を勢いよく注ぐのがコツです。(1杯分150~160mlが目安)

5.蒸らす時間は、細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安です。(ミルクティーのときは、やや長めにします)おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないことがポイントです。

6.ポットの中を、スプーンで軽くひとまぜ。

7.茶こしで茶ガラをこしながら、濃さが均一になるようにまわし注ぎをしましょう。"ベスト・ドロップ"と呼ばれる最後の一滴まで注いでください。

【プリミアスティー】お試しセット送料無料

紅茶 トップへ戻る