富士山-信仰の対象と芸術の源泉

  • 富士山と信仰

世界文化遺産に登録された富士山は、昔の日本人にとっては、噴火を繰り返す怖い山だったそうです。そのため人々は富士山には、神が宿る恐ろしい山として、特別な思いがあったそうです。

  • 富士山と芸術

世界文化遺産に登録された富士山は、雄大で美しい姿から、多くの芸術作品を生み出す元となっています。万葉集などの和歌や芭蕉などが歌った俳句などの題材になったり、聖徳太子や葛飾北斎や歌川広重などおおくの画家に富士山の姿が描かれています。

  • 富士山周辺の文化財

富士山はそのもの自体が「文化財保護法」に基づき。国から「特別名勝」およぶ「史跡」に指定されている文化財です。

  • 富士山の自然

富士山ができるまでの過程や、富士山に生息する植物や動物についてや、富士山がもたらす地下水や湧水について。

 

構成資産

1 富士山域

 1-1 山頂の信仰遺跡群

 1-2 大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道)

 1-3 須山口登山道(現御殿場口登山道)

 1-4 須走口登山道

 1-5 吉田口登山道

 1-6 北口本宮冨士浅間神社

 1-7 西湖

 1-8 精進湖

 1-9 本栖湖

2 富士山本宮浅間大社

3 山宮浅間神社

4 村山浅間神社

5 須山浅間神社

6 冨士浅間神社(須走浅間神社)

7 河口浅間神社

8 冨士御室浅間神社

9 御師住宅(旧外川家住宅)

10 御師住宅(小佐野家住宅)

11 山中湖

12 河口湖

13~20 忍野八海

21 船津胎内樹型

22 吉田胎内樹型

23 人穴富士講遺跡

24 白糸ノ滝

25 三保松原

出典:環境省ホームページ (http://www.env.go.jp/nature/isan/fujisan/recommendation.html)

 

スポンサードリンク

© 2016 日本の世界遺産一覧 rss